テレビ番組視聴日記

主にドキュメンタリー番組を見た感想を書いていきます。

●キャッチアップ・サンデー●アイスマンの真実:史上最古の殺人事件を追え!

放送日:2020年9月6日

 

温暖化で氷河が解け、氷の墓に埋もれていた太古の遺物や遺骸が姿を現している。なかでも有名なのが、5000年以上アルプス山脈に埋まっていた冷凍ミイラの"アイスマン"だ。発見場所のエッツ渓谷にちなみ、エッツィの愛称でも知られる。エジプトのピラミッド建設のおよそ1000年前を生きたこの男性は誰なのか。そしてなぜ殺されたのか。近年行われた解剖に基づく分析が、太古の未解決事件に新たな光を当てる。
 

 

natgeotv.jp

 

5000年くらい前に殺された人の話。

最新のDNA鑑定で病気などもわかっていた。すごい。

服がパッチワークのズボンとかで結構かわいい格好をしていた。

背中に石のやじりが刺さっていて死亡したようで、当時は国境がないけど農耕民族と狩猟民族の間で縄張り争いみたいなのがあったんじゃないか??それで殺されたのでは?という話だった。

持病に効く薬も持っていたり、体が痛いところに炭を入れると痛みが和らぐので、刺青を入れていたりと、賢い人物という評価だった。

 

 

BS世界のドキュメンタリー 博物館の人々

番組名:BS世界のドキュメンタリー

    博物館の人々

放送日:2020年3月25日

視聴日:2021年3月20日

制作:2017年 イスラエル(Lama Films)

 

番組内容
死海文書を展示する「聖書館」のほか、充実した現代アートや、マグリットエッシャーなどの作品で世界の観光客を魅了する巨大な博物館は、エルサレムの丘にある。スタッフは多国籍で、ユダヤ人の学芸員パレスチナ人の専門家が収蔵品をめぐって意見を交わす光景も日常だ。地元のベテラン監督ラン・タルが1年半にわたって博物館にカメラを据え、“社会の縮図”のように、人々が織りなす小さなドラマをまとめたレアなドキュ作品。 

 

 

 

色々な民族が住んでいるんだなあと感じる、そういう場所の日常を博物館を通じて撮影した、という感じだった。

BS1スペシャル「潜入10年 北朝鮮:武器ビジネスの闇」

タイトル:BS1スペシャル「潜入10年 北朝鮮:武器ビジネスの闇」

放送日:2021年2月21日

視聴日:2021年3月1日頃

制作:ノルウェー/デンマーク/イギリス/スウェーデン(2020年)

PIRAYA FILM I / WINGMAN MEDIA / BBC / NRK / DR /SVT 

 

www.nhk.jp

 

公式サイトより。

国際社会から長年疑惑を持たれてきた経済制裁下の北朝鮮による海外への武器輸出。その実態を映像で克明に記録、衝撃的な内容で世界を驚かせたドキュメンタリーを日本初放送 デンマーク人のウルリクは、北朝鮮の闇を暴きたいという思いから、スペインに本拠地をもつ北朝鮮との文化交流団体KFAにスパイとして潜入していた。長年にわたる団体への貢献によりKFA会長の信頼を得たウルリクは、会長から北朝鮮との武器取引ビジネスの話を持ちかけられる。そして、偽の投資家とともに北朝鮮を訪れたウルリクは、そこで驚くべき武器輸出ビジネスの実態を目撃、彼ら自身も闇のビジネスに巻き込まれてゆく。

 
 
 

 

 

取材がすごいよね〜。こういう潜入取材は取材者が病んでいくという話だけど。

ほんとすごい。

たしかラストは奥さんにカミングアウトして「えーーー」ってドン引きされたみたいな

内容だった気がする。理解してあげてほしいなあ。大きな仕事をしたのだから。

プレミアムカフェ 選 異国と格闘した日本人〜舞踏家 伊藤道郎〜

放送日:2020年12月7日

 

 

番組内容
ハイビジョン特集 異国と格闘した日本人芸術家 夢なしにはいられない君〜舞踊家 伊藤道郎の生涯〜(初回放送:2007年)

第一次大戦から太平洋戦争にかけ、欧米で活躍した舞踊家・伊藤道郎。東洋的な体の動きは多くの芸術家にインスピレーションを与え、ハリウッドのショーでも成功を収めたが、一方で米国FBIにスパイ容疑で逮捕され家族と引き離されるなど、波乱万丈の生涯を送った。常に夢を見続けた彼の人生をたどる。

 

出演者
【出演】加藤登紀子,ジェリー伊藤,大塚健洋,【語り】濱中博久,【声】鈴木琢磨,【スタジオキャスター】渡邊あゆみ

 

いいとこのお坊ちゃんで、音楽をやろうとしたけど踊りがいいんじゃないかってなって

ヨーロッパのサロンでめちゃ爆ウケ。パトロンもついたような感じ?

この空気、匂い素敵だよね〜。

で、さらに頑張ろうと思ってアメリカに行って、ショーやったり弟子をとったりして成功してたけど、一度日本に帰国したらスパイ扱いをされてもうアメリカで踊れなくなったとか。

自分の踊りが言葉を超えていくのを感じたので政治家に「芸術が平和を作る!」みたいなことを真剣に訴えていた人。

ほんとその通りだと思うけど。

情熱がすごい人。

そしてイケメンだった。イケメンすぎてこの番組に興味が湧いたのだった。

英雄たちの選択「”二心殿”と呼ばれた男〜最後の将軍・徳川慶喜〜」

放送日:2021年4月28日

 

番組内容
江戸時代最後の将軍・徳川慶喜。幕末動乱の時代の舵取りを担った英雄だが、当時から“二心殿”と呼ばれるほど、実像がわかりにくい人物だ。開国を唱えたと思ったら、すぐに攘夷と意見を翻すなど、その言動はしばしば周囲を混乱させた。そんな慶喜に迫られた最大の選択。それが、一度は躊躇した将軍になることだった。慶喜は、どんな未来を見据えていたのか?そしてなぜ自ら幕府に終止符を打ったのか?謎に満ちた慶喜の実像に迫る。

出演者
【司会】磯田道史,杉浦友紀,【ゲスト】林真理子,岩下哲典,萱野稔人,【語り】松重豊,【朗読】三木眞一郎

 

 

幕府の人だけど、心は天皇側にあったので行動がわかりにくかったのではないか説だった。

 

わたしは鳥羽・伏見の戦いの時の逃げ方とか行動にすごく興味があったので

そこをやらなかったのが残念でした。ぴえ……

 

【ミリタリーSP】ヒトラー帝国の黒幕たち:B・ムッソリーニ(二)

2021年3月7日 放送

 

番組詳細
イタリアでファシスト党を結成したベニート・ムッソリーニは、ファシストを先導し、独裁政権を築いた。そして、台頭するナチスに影響を与えた。ジェームズは今回、この独裁者に関して調査するため、イタリアに来ていた。ムッソリーニの故郷を訪ねると、そこはムッソリーニのファンの聖地になっており、ファシズムを象徴する土産が人気になっていた。なぜ彼が今も称賛されているのか、その真相を探る。

 

感想:

ムッソリーニはイタリアでそんなに嫌われてない印象。

とはいえ、最後は愛人とともに民衆に吊し上げられたはずなのだけど……。

 

ヒトラーの政策はムッソリーニをかなり参考にしていたという話。

ムッソリーニのやりかたを学んで、それをさらに先鋭化させていったのだろうなという印象。

ナチスムッソリーニが好きなので、彼が失脚したあとは助けにいったのだとか。

 

ムッソリーニは権力を王様に与えたままだったから失敗したという話だった気がする。

ETV特集「調査ドキュメント〜外国人技能実習生度を追う〜」

ETV特集「調査ドキュメント〜外国人技能実習生度を追う〜」

放送日:12月3日(初回放送:10月17日)

視聴日:3月30日

制作年:2020年

制作:日本(NHK)

 

公式サイトより。

日本で働く外国人技能実習生は増え続け、いまや41万人。一方で、労働基準監督署などの監督指導では、7割以上の事業所で法令違反が見つかるなど、不正が絶えない。国連からもたびたび人権侵害であると勧告を受けてきた。この制度はなぜ生まれ、そして不正はなくならないのか、今回、実習生やその家族、現地の送り出し機関、そして日本の監理団体や国など、制度に関わる関係者を取材。さまざまな角度から、その背景に迫る。

 

根っこにあるものは、貧困や教育の問題も含むなあと思いつつ。

受け入れる会社もたくさんごまかしたり、不正をしたりしていた。

もちろんこういう会社ばかりじゃないことも知っているけど……。本当によくない。

取材者の誠実さや優しさという人柄に支えられた良い取材だった。